綺麗な床のために業者に見積りを依頼してフロアコーティングをしよう

男性と女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい畳の良さ

和室

日本の家の特徴であげられるのは、やはり和室があることです。和室は、フローリングと違い畳ならではの温もりを感じることができます。ですが、畳は、消耗品なので長い間使用していると表面が傷んでしまいます。畳の傷やほつれが気になってきたら畳替えの時期でしょう。

畳替えの方法は、傷んだ畳と同じ大きさの畳を購入します。理想としては、はじめから使用していた畳と同じメーカーの物のほうが、サイズを合わせるときに便利です。ですが、メーカーによって畳縁の模様や色が異なるので、一新してみるのも部屋の雰囲気が変るので良いかもしれません。畳替えをする場合は、畳専門店に相談してプロに任せることが大切です。畳は、一つでも大きさが異なるとうまくハマらずに隙間できてしまう場合があるので、業者に頼みましょう。

畳替えの方法は、まずは大きさを測ります。そして、同じ大きさの畳を準備します。畳替えをするときは、一部屋全部の畳を変える必要があるので注意しましょう。部分的に変えてしまうと、日常のなかで生じたへこみや、畳の歪みが原因となってしまって、新しい畳との間に段差が生じてしまい、段差に躓いてしまう危険性もあります。その他にも、新品と古い畳の違いが分かってしまうでしょう。新しい畳にすることで、古い畳には残っていない井草の香りを楽しむ事ができるでしょう。和室ならではの、ゆったりとした空間に井草のいい香りがプラスされると日頃の疲れも取れ、リラックスすることができます。そういった空間で家族と過ごすことで、より快適な生活を送ることができるでしょう。